【比較】優良ファクタリングおすすめランキング

【評判スゴイ】アクセルファクターは審査落ちする?アクセルファクターのファクタリングの口コミ評判

アクセルファクターは、中小企業の資金繰りが潤滑になるよう、即日入金を原則としているファクタリング会社です。

個人事業主にも対応しているファクタリング会社で手数料は最低2%から、利用金額は最大1億円になっています。ビートレーディング と同じく人気のファクタリング会社です。

ビートレーディング に関してはビートレーディングは違法じゃない!?ビートレーディングの良い口コミと評判を解説の記事を参考にしてみてください。

アクセルファクターの特徴

特徴まとめ 個人事業主の債権買い取りOK
手数料 最低2%
利用可能金額 最大1億円(下限なし)
入金スピード 半数以上が即日対応
運営会社 アクセルファクター
住所 東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6階
資本金 1億3,456万円(ネクステージグループ全体)

「日本を支える中小企業の『薬』でありたい」。アクセルファクターはそうした経営理念のもと、資金調達の新たなスタンダードになることを目指していると、公式サイトで説明しています。

「銀行は中小企業を食い物にしてきた。その構図は現在でも変わらない」と厳しく批判した上で、中小企業に対して「まず手を差し伸べ、そこから解決策を講じる」という姿勢で臨んでいます。

中小企業の資金繰りが潤滑になるよう、即日入金を原則としていると説明しています。また、買い取りに応じてもらえない少額債権についても対応するとしています。

そして、中小企業と比較しても体力が劣る個人事業主に対しても、債権買い取りに応じると説明しています。個人事業主NGのファクタリング会社が多いなか、画期的と言っていいでしょう。

アクセルファクターの口コミ・評判

とにかく対応が早い。書類を提出すると即日入金してくれるので、資金不足の解消に役立っている。少額債権でも買い取ってくれるので、中小企業には心強い。

他のファクタリング業者にも買い取りを頼んでみたが、面談が必要だと言われた。アクセルファクターは書類について、すべてメールと郵送で対応してくれた。

アクセルファクターは審査落ちしやすい?

ファクタリング会社に債権買い取りを持ちかけても、審査落ちによって現金化できないケースもあります。特に銀行系は審査が厳しく、審査落ちしやすいといわれています。

アクセルファクターは、そうした審査落ちしやすいファクタリング会社で買い取りを断られた債権であっても、買い取る可能性があります。審査落ちしやすいどころか、真逆といえます。

公式サイトでの説明によると、審査通過率は93%といいます。絶対に審査を通過するとはいえないものの、審査落ちの可能性は極めて低いと言っていいでしょう。

アクセルファクターでは、医療機関が病気によって違う薬を処方するように、ファクタリングで重要なのは審査の柔軟性だと説明しています。これが、高い通過率の背景にあります。

一例として、ネット銀行で主な取引を行っている企業を挙げています。ネット銀行は通帳の原本がありませんので、これを理由に債権買い取りを断られるケースがあります。

これに対して、反復取引が行われていることを証明する別の書類を提出してもらうことで、即日での債権買い取りが可能になったとしています。「ダメ元」でも、何とかなる可能性はあるのです。

アクセルファクターの審査の時間は早い?即日ファクタリング?

多くのファクタリング会社は債権の即日買い取りに対応しているといっても、あくまでも「最短」なのです。これに対して、アクセルファクターの即日買い取りは「原則」です。

アクセルファクターの公式サイトでは、半数以上が即日入金だと説明しています。債権や契約内容の確認に時間を取らないようにすることで、早期の入金を可能にしているといいます。

例えば、債権買い取りの資料が足りないなどの理由で、審査に時間がかかるケースがあります。「最短即日入金」であっても、実際にはそうならないケースです。

アクセルファクターではこのような場合、代替書類を用意するなどして、早期の債権買い取りに努めていると説明しています。審査の早さは随一と言っていいでしょう。

中小企業の場合、信用取引がメインということもあり、相手側が入金を忘れてしまっていたこともあり得ます。こうした遅れが、債務不履行につながるケースもあります。

このような場合、債権を一刻も早く現金化しないと、売り上げがあるのに経営破綻するという事態が生じかねません。アクセルファクターは、こうした問題に対応しているのです。

アクセルファクターは個人事業主でもOK?

ファクタリング業者の中には、買い取るのは法人の債権のみで、個人事業主には対応していないというところが見受けられます。個人事業主の債権買い取りが忌避される理由は、以下の3つです。

  • 少額債権が多い
  • 貸し倒れリスクが高い
  • 債権譲渡登記ができない

個人事業主は法人と比較して取引の規模が小さめなので、債権は少額のものが多くなります。このため、ファクタリング業者の手数料収入も少なくなってしまいます。

また、経営体力がないため、法人と比較して破綻リスクが高く貸し倒れリスクも高くなります。債権譲渡に当たって登記ができないため、譲渡の正当性の証明が難しくなります。

アクセルファクターではこうした問題点を認識したうえで「個人事業主だから債権買い取りを断ることはない」と明言しています。

もちろん、買い取りに当たって必ず審査をパスするというわけではありません。債権の内容次第では、審査をパスしない可能性があるためです。

とはいえ、個人事業主OKのファクタリング会社は必ずしも多くありません。個人事業主の金策の一環として、債権買い取りの相談を持ちかけてみるのもありだと言えます。

アクセルファクターの必要書類

アクセルファクターの公式サイトによると、必要書類は以下のようになっています。このほか、個人または法人の実印が必要となります。

  • 請求書または見積書
  • 預金通帳
  • 決算報告書
  • 代表者の身分証明書
  • 印鑑証明書

とはいえ、これらの必要書類についても、アクセルファクターの対応は柔軟です。ネット銀行などで通帳がない場合でも、代替書類が用意できれば問題なしという感じです。

請求書については、請求そのものは行っていないが、支払時期が過ぎているケースがあります。この場合、基本契約書など取引の根拠となる書類があれば大丈夫です。

決算報告書についても同様で、設立されて間がない法人では決算期を迎えていないため、報告書そのものがありません。これに対しても門前払いせず、応相談としています。

場合によっては、過失などによって書類そのものを紛失してしまったというケースもあるでしょう。こうした場合でも「柔軟に対応する」と説明しています。

アクセルファクターの審査の柔軟性は、こうしたところに表れています。必要書類を厳密に定義し、存在しなければ一律にダメというようなことはありません。

アクセルファクターの審査と入金までの流れ

アクセルファクターの債権買い取り申し込みは、電話かネットで行います。ネットの場合、公式サイトにアクセスして、専用ページに必要事項を入力します。

しばらくすると、担当者から電話がかかってきます。申し込みから電話まで、数分というケースも報告されています。この後、メールやFAXで必要書類を提出します。

この後、審査に移りますが、最短で1時間というケースもあります。審査をパスすれば契約締結に移ります。面談が基本ですが、この点についても対応は柔軟です。

契約を締結すれば、午後3時より前ならその日のうちに口座にお金が振り込まれます。モアタイムシステムに対応している金融機関なら、それより遅くなってもOKです。

アクセルファクターのまとめ

アクセルファクターは対応がスピーディーで即日入金に期待ができるので、急に資金が必要な時には重宝します。少額債権や、個人事業主の債権の買い取りに対応しているのも魅力です。

あえてデメリットを挙げるなら、買取額の上限が1億円で、高額債権には対応していないことでしょうか。零細企業や個人事業主向きのファクタリング会社だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です