【比較】優良ファクタリングおすすめランキング

【徹底比較】優良ファクタリングおすすめランキング3選

ファクタリングおすすめランキング

ファクタリングという言葉を聞いたことがありますか?

ファクタリングは、債務者からの債権をファクタリング会社に売却することで、債務者からの債権額入金日よりも前に資金を手に入れることができる制度のことです。

個人間で行うファクタリングから企業の債権を取り扱うファクタリングまで、多くの種類があります。

しかし、ファクタリングを行ったことがある人は少ないと思います。

実際に、ファクタリングはほとんどの人は知らず実態についても知らないです。

そこで、ここでは実際に利用してわかったファクタリングの仕組みや、おすすめのファクタリング会社についてこれからファクタリングを利用しようと思っている人にもわかるように紹介していきます。

【図解】ファクタリングとは?売掛債権の現金化で資金調達できるサービス

実は、ファクタリングの仕組みはそこまで複雑ではありません。

しかし、ファクタリングを利用したことがない人は仕組み自体ができないこともあります。

そこで、ここではファクタリングの仕組みやメリットについて紹介していきます。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みは、とても簡単です。

債権の請求先である債務者から支払われる売掛金ですが、この売掛金の支払いは通常、請求月の翌月になります。

そこで、売掛金の支払いの前にファクタリング会社に債権を譲渡することで、その債権から手数料を引いた金額をファクタリング会社からすぐに手に入れることができる制度がファクタリングです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは2つ。

  • すぐに資金を手に入れることができる
  • 取引先の会社にバレない

上記の二つがファクタリングのメリットとして上げられることが多いです。

すぐに資金を手に入れることができる

ファクタリング会社の多くは、オンラインで手続きが完了してすぐに債権の譲渡可否の判断が行われます。

また、ほとんどのファクタリング会社は債権の譲渡が完了したらすぐにお金が振り込まれます。

そのため、すぐに必要なお金を手に入れることができるのが大きなメリットです。

取引先の会社にバレない

ファクタリングは債権の譲渡です。

この説明だけ聞くと、ファクタリングで債権を譲渡したことが債務者に知られてしまいそうですが、ファクタリングの場合はほとんど知られることがないです。

これは、プライバシーの保護という観点からの配慮もありますが、債務者に対してファクタリングを利用したことを伝える決まりがないことが大きな原因です。

債権の譲渡に関しては、法律で自由に行うことが可能と決められています。そのため、ファクタリング会社は、わざわざ債務者に対して債権の譲渡の事実を伝えることがないです。

優良なおすすめファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社を今まで使ったことがない人は、どのようにしてファクタリング会社を選べばいいのかわからない人も多いと思います。

そこで、ここではファクタリング会社の選び方について紹介していきます。

会社の住所がしっかりしている

ファクタリング会社の中には、違法な営業が行われているファクタリング会社があるのも事実です。

このような会社を利用してしまうと、ファクタリングの取引の最中にトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

そこで、ファクタリング会社を選ぶ際には事前に会社の住所を確認するようにしましょう。

しっかりしているファクタリング会社の場合は、住所をホームページに掲載しています。

また、住所を載せることである程度の責任が生まれるので違法なファクタリング会社である可能性を排除できます。

ただ、住所を確認するだけではデタラメな住所を記載している可能性もあるので、記載されている住所を確認して自分で再度Googleマップなどで確認するといいでしょう。

契約書が用意されている

ファクタリング会社を利用する際には、必ず契約書が必要になります。

通常は、ファクタリング会社がファクタリングを利用する前に契約書を交わして譲渡の条件や手数料などの確認を行います。

しかし、ファクタリング会社の中には契約書を用意していないこともあります。

このような会社の場合は、取引が適当なだけではなく取引の証拠を残すことができず、トラブルに巻き込まれることも多いです。

そのため、ファクタリングを利用する際には必ず、契約書が用意されているかを確認して、契約書がないようなファクタリング会社は利用しないようにしましょう。

【完全比較】優良ファクタリングおすすめランキング

ここでは、ファクタリング会社の中でも特におすすめなファクタリング会社を紹介していきます。

1位:ビートレーディング

おすすめ度 ★★★★★
手数料 5%〜
利用上限金額 上限なし
入金スピード 最短即日
運営会社 株式会社ビートレーディング
特徴 実績が豊富で手数料が安い

▶︎ビートレーディング 

 

2位:OLTA(オルタ)

おすすめ度 ★★★★
手数料 2%~9%
利用上限金額 上限なし(審査あり)
入金スピード 即日
運営会社 OLTA株式会社
特徴 上限が事前に決まっていない

▶︎OLTA(オルタ)

 

3位:三共サービス

おすすめ度 ★★★★
手数料 5%〜
利用上限金額 1億円
入金スピード 翌日
運営会社 株式会社三共サービス
特徴 全国的に展開している

▶︎三共サービス

 

 

ファクタリングと電子記録債権の違いを比較

電子記録債権とは、債権をインターネット上で管理することによって二重譲渡などの問題が起きないようにした債権のことです。

電子記録債権は、大手の銀行や金融機関でも導入されており近年は、利用率も向上しています。

ファクタリングと電子記録債権は、特徴などから似ていると言われることが多いです。

しかし、ファクタリングと電子記録債権には違うところもあります。そこで、ここではファクタリングと電子記録債権の違いを紹介していきます。

不渡りがあるか

ファクタリングの場合は、債権を譲渡した後に債務者が債権の返済をできない場合でも、ファクタリング会社が債権の支払いを行うので不渡りになってしまうことがないです。

一方電子記録債権の場合は、債権を譲渡した後に債務者が債権の返済できない場合は、もともとの債権者が債権の支払いを行う必要があります。そのため、不渡りの可能性があります。

使い勝手

ファクタリングの場合は、毎回利用の契約を結ぶ必要があります。

一方、電子記録債権ではでんさいネットというネットワークを使うので、毎回新しく契約を結ぶ必要がないです。

しかし、電子記録債権の場合はまだまだ利用できる場合が少なく、大手銀行の債権などしか使うことができないので企業間の債権の譲渡では、ファクタリングを利用する方が一般的です。

ファクタリングで必要な書類

ファクタリングを利用するにあたり必要な書類があります。

ここでは、ファクタリングの際に必要な書類を法人と個人事業主の場合で紹介していきます。

法人の場合

法人の場合は、以下の書類が必要になります。

  • 預金通帳
  • 決算報告書
  • 代表者様の身分証明書
  • 代表者様及びお会社の実印
  • 印鑑証明書

個人事業主の場合

個人事業主の場合は、以下の書類が必要になります。

  • 身分証明書
  • 確定申告書
  • 預金通帳
  • 資金繰り表
  • 売掛金を証明する資料
  • 税金、保険関連の資料
  • 事業を証明する資料(開業届など)

ファクタリングはネット完結できる?

ファクタリングはネットで完結することができるのでしょうか?

結論からいうと、ファクタリングはネットで完結できることが多いです。

特に、ファクタリング業界はネットでの取引というのが一般的な業界になっており、ネットでの取引ができないファクタリング会社の方が少ないです。

完全に、インターネット上のみで完結できるため申し込みの翌日に債権相当額を入金することが可能になっています。

最短即日入金?ファクタリングの審査について

ファクタリングの審査は厳しいのでしょうか?

結論からいうと、ファクアタリングの審査の厳しさは会社によっても異なります。

ただ、ファクタリング自体が債権を譲渡してもらうものが一般的になります。

そのため、金融機関などからの融資に比べると審査に通りやすいと言われています。

また、ファクタリングの場合は信用情報機関の信用情報を利用しません。この結果、ブラックリストに掲載されている人でも審査に通る可能性があります。

ファクタリングの審査は、ファクタリング会社が独自に行うものになります。そのため、会社によっては審査に通りやすい会社も通りにくい会社もあります。

先ほど紹介したおすすめの3社の場合は、すぐに審査が終了して、短いところだと数分でファクタリングの利用可否の連絡がきます。

そのため、審査に通過したかしないかはすぐにわかることが可能です。

ファクタリングは闇金?違法?

ファクタリングは違法であると言われることもあります。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

結論からいうとファクタリングは、違法ではありません。

債権は、譲渡の規制がないです。そのため、債権を販売するのではなく債権を譲渡する形態のファクタリングの場合は、違法になることがありません。

ただ、ファクタリング関連の法律の整備が追いついていないのも事実です。

そのため、ファクタリングを利用する際には法律の改正などには常に気をつけておく必要があります。

また、ファクタリング関連の質問で多いのが、ファクタリングと闇金が同じであるかどうかです。

答えをいうと、ファクタリング会社の多くは闇金などの反社会勢力との関係がないです。

しかし、一部のファクタリング会社は闇金などの反社会勢力と関係があることもあります。

そのため、ファクタリング会社を選ぶ際には自分でしっかりファクタリング会社のホームページを確認して、住所の記載や契約書の有無などを確認しましょう。

闇金などの反社会勢力との関係があるファクタリング会社の場合は、ホームページがないことやホームページに住所が記載されていないことも多いです。

おすすめファクタリングまとめ

ファクタリングは、緊急の資金調達のための手段として使うことがおすすめです。

  • ファクタリングに違法性はない
  • ファクタリング業者を見極めるポイントは、住所と契約書
  • ファクタリングは即日入金のところが多い

 

おすすめのファクタリングサービス

1位|ビートレーディング 

2位|OLTA(オルタ)

3位|三共サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です