【比較】優良ファクタリングおすすめランキング

大阪でおすすめのファクタリング会社5選

京阪神圏は首都圏に次ぐ経済規模があります。中でも大阪は大企業の本社があるだけではなく、中小企業が多いことでも知られており、中小企業の中には世界的な知名度を持つものもあります。

中小企業が多いということは、それだけ金策がシビアということにもなり、ファクタリングの出番も多くなります。大阪でファクタリングを行うなら、どの業者を選べばよいのでしょうか。

大阪でファクタリングの選び方

大阪でファクタリング業者を選ぶ際には、以下のような点がポイントとなります。いずれも、金策に苦労することが珍しくない中小企業にとっては、重要なポイントだといえます。

  • 即日入金など対応はスピーディーか
  • 2社間ファクタリングに対応しているか
  • 手数料は相場より安いか
  • 地域のことをよく理解しているか

まず、資金面で苦しい時や、商機を広げたい時には、入金は早ければ早いほど望ましいです。可能であれば即日入金がベストで、何日もかかるようでは商機を逃してしまいかねません。

ファクタリング業者を利用したことを取引先に知られると、悪い印象を与えかねません。2社間ファクタリングに対応していれば、取引先に知られることがないので、今後の取引もスムーズに行えます。

手数料については、10%を上回るかどうかがひとつのポイントです。あまりにも手数料が高いと、入金額が目減りして、経営に悪影響を与える可能性があります。

そして、大阪に本社や事業所があるなど、地域に密着しているかどうかも大きなポイントです。地域を理解していれば、審査に時間がかかったり、不適切な判断を行ったりする可能性が低くなるためです。

大阪でおすすめのファクタリング会社5選

上記のポイントを押さえたうえで、大阪でオススメのファクタリング業者を選定するとなると、以下のような順位となります。

  1. ビートレーディング
  2. OLTA(オルタ)
  3. 三共サービス
  4. 西日本ファクター
  5. PMG大阪

1位:ビートレーディング

本社は東京にありますが、大阪に支社を置いています。このため、大阪の経済事情に直に触れており、地域の実情に応じた対応が見込めます。

2社間ファクタリングにも対応しているため、取引先に債権を売却したことが分かりません。2社間ファクタリングは手数料が高くなりがちですが、最低5%と比較的安く抑えられています。

また、2社間ファクタリングでは、最速で即日入金が可能となっています。ファクタリングは急にお金が必要になるような局面で利用することが多く、手続きのスピーディーさは大きなアドバンテージです。

3社間ファクタリングならば手数料はさらに安く、最低2%となっています。診療報酬や介護報酬を早期に現金化できるファクタリングも取り扱っています。

ビートレーディングの口コミ評判をみる

2位:OLTA(オルタ)

中小企業の経営者は人員に余裕がなく、自らも業務に当たることが多いため、ファクタリング業者を利用するに当たって面談などの時間が取りにくいという問題点があります。

OLTAの特色であるクラウドファクタリングは、すべての手続きがオンラインで完結するので、面談に出向く必要がありません。時間的余裕がない経営者向けのシステムと言えます。

2社間ファクタリングの手数料については、2~9%とかなり抑えられています。また、即日振り込みや、譲渡禁止特約付きの債権の買い取りにも対応していると説明しています。

あえて問題点を挙げるなら、大阪に拠点を置いていないことでしょうか。大阪の地域事情を理解しているかどうかについては、未知数としか言いようがありません。

OLTA(オルタ)の口コミ評判をみる

3位:三共サービス

こちらも本社は東京ですが、公式サイトででかでかと「大阪支店OPEN」とアナウンスしており、今後は京阪神圏でのファクタリングに注力していくことがうかがえます。

2社間ファクタリングの手数料は5~10%と、良心的な部類に入ります。メールやFAX、郵送での手続きにも対応しているため、面談の負担を減らすことが可能になっています。

ファクタリングだけでなく、コンサルティング事業を行っていることも特色です。債権買い取りによって得られたお金を有効活用するためには、コンサルティング事業が役立ちそうです。

ただ、大阪に支店を置いてからそれほど時間がたっていないので、地域事情への理解度に不安が残ります。また、利用できるのが法人のみで、個人事業主は対象外なのも痛いところです。

三共サービスの口コミ評判をみる

4位:西日本ファクター

本社は福岡市で、大阪にも営業所を置いています。東京に本社があるファクタリング業者と比較すると、西日本での事業に注力していることがうかがえます。

こちらもクラウドファクタリングに対応していますので、面談は不要です。手数料については500万円以上だと最低2.8%とかなり安いですが、30万~100万円だと15%と割高になります。

入金については即日での対応が可能であるとうたっています。また、法人だけではなく、個人事業主でもファクタリングを利用できるというメリットがあります。

ただ、買い取り可能額が最大1,000万円となっており、それを超える債権については応相談というのが不安です。高額のファクタリングには向いていない可能性があります。

5位:PMG大阪

本社は東京で、大阪と福岡に支社を設置しています。GMOリサーチの2018年のアンケートでは顧客満足度、対応スピード満足度、スタッフ対応満足度の1位に輝いています。

本社が大阪ではないとはいえ、大阪支社は独自の公式サイトを設置しており、京阪神圏での業務に注力しようとう意欲がうかがえる点で好感が持てます。

現金受け取りは2社間ファクタリングの場合、最短で1日が必要だと説明しています。こちらもファクタリングだけでなく、コンサルティング事業も行っています。

ただ、公式サイトには手数料について「業界最低水準」と記載されているものの、数字について具体的な記載がなく、実際には高いのではないかという不安を抱かせるのがウイークポイントといえます。

大阪で即日ファクタリングできる?

即日ファクタリングに対応していれば、債権をその日のうちに現金化できます。これによって、早急に次の商品を仕入れるなど、スピーディーな事業拡大に役立つ可能性があります。

今回取り上げた中で、即日入金に対応していることを明記しているのはビートレーディングです。入金までに必要な時間が最短で12時間となっており、スピーディーな事業拡大が可能です。

OLTAも即日振り込みに対応していると説明しています。ただ、ビートレーディングと違い、大阪に拠点を置いていない点で不安が残ります。

西日本ファクターも、即日入金が可能だと説明しています。ただ、ビートレーディングは最大買い取り価格が設定されていないのに対し、西日本ファクターは1,000万円までというのが問題です。

他の2つの業者については、入金までに1日程度が必要だと説明しています。1日といえばわずかな差だと思うかもしれませんが、それで商機を逃すケースも考えられます。

結論を書くと、大阪でも即日入金は可能です。ただ、すべてのファクタリング業者が対応しているわけではないので、要調査ということになります。

大阪でおすすめのファクタリングまとめ

現時点では、大阪でファクタリングを利用するなら、ビートレーディングが一番のオススメになります。大阪に拠点を置いているうえ、即日入金などさまざまなメリットが期待できるためです。

ただ、クラウドファクタリングに対応していないので、時間に余裕がない経営者にはきついかもしれません。対応しているOLTAなども、利用を検討する価値はあるといえそうです。

 

おすすめのファクタリングサービス

1位:ビートレーディング 

2位:OLTA(オルタ)

3位:三共サービス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です